HOME>トピックス>英語のみならず他の言語でも試すことが可能

目次

聞き流すだけでいいので手間がかからない

初心者が最初につまずくのは、最初から完璧を目指そうとするところがあるからです。最初から完璧に仕上げようとしても、挫折する可能性が高まるだけです。そうであれば、スピードラーニングのような教材で、5分だけでもいいので英語を聞き流すのがいいでしょう。英語の後に日本語が流れますので、わざわざ辞書を使って調べたりする必要がありません。最初から効果を出すような意識ではなく、気軽に英語を楽しむような形で始めてみるのがコツです。

英語だけでなく他の言語もある

スピードラーニングといえば英語学習に効果があるというイメージですが、英語でなく他の外国語を学びたいというニーズもあります。中国語や韓国語、フランス語やドイツ語、スペイン語などのカリキュラムもありますので、英語版と同様に楽しみながら続けることが可能です。

英語に触れる機会が圧倒的に増える

スピードラーニングで勉強をすることによって、英語に触れる機会を増やすことに繋がります。音楽を聞くような感じで英語に接することができますので、勉強をしている感じがしないはずです。それでもずっと続けることによって、英語に関する効果が出てくるからどんどん英語に触れる機会が増えていき、さらに上達するという好循環になります。

何度も聞くと表現を覚えることが可能

日本の英語学習はどうしても文法などが気になったりしますが、そういうことはまず脇に置いたうえで、とにかくスピードラーニングで聞き流してみるのがおすすめです。何度も聞くにつれて、こういうフレーズが使えるんだなということを覚えていき、次々に使えるフレーズが増えていきます。表現の幅が広がってくれば効果が出てくるというものです。

広告募集中